ちがいのわからぬをのこ

違いが分からぬので調べる。暇か?

それじゃあまた

小学生の頃だったか、中学生の頃だったか…

あいさつの「さようなら」が「左様なら」に由来すると聞いて、「それじゃぁ、さようなら」 だとダブるなぁと思ったのを覚えている。


f:id:mucci:20190131163136j:image

「さようなら」とか「じゃぁ」だと、 用事がそこで完結している感じなので、 good-byeやadiosみたいな感じになる。差し詰め、「またね」 だとsee youだろうか?

 

笑い話のようで、おおよそホントなのだけど、 関西人同士の場合は、初めてなのに「また呑みましょう」「また行きましょう」という会話がされることがある。 他の地方の人がこれを聞いたら「はて? 一度も行ったことないと思うのだが…?」と思うだろう。まぁ、 おおよそ「また会う時に都合をつけて」 というようなニュアンスだと思えば良い。

 

それなら…と関東の人なら「こんど呑みに行きましょう」 になるのではなかろうか?関東人なら「また呑みましょう」 は呑み会がお開きになって次回も、という「次」とか「再び」 の意味になるだろう。

 

逆の立場で、関西人が「こんど呑みに行きましょう」 と言った場合は、ほぼほぼ社交辞令で、 ご挨拶程度に言っているに過ぎず、 本人にはあまり積極的に呑みに行く気はない。「 次の機会があるかどうかはしらないけど、 そんな機会がもしもあったら…」程度だ。まだ「また呑みに行きましょう」の方が積極的と言える。

 

ウッチャンナンチャンが若い頃のコントで「社交辞令は許さない」 という感じなのがあって、「こんど呑みに行きましょう」「いつだよぉ」というのがあったが、内村さんは熊本、 南原さんは香川の出身なので、 発想が西日本的だったのかもしれない。

 

その点では、電車の発着順の表示もそうである。

首都圏の電車のホームの表示板には「こんど」「つぎ」「つぎのつぎ」と書かれている。関西出身としては「先発」「次発」 「次々発」と表示に慣れていたから当初、「なんで、『つぎ』が『 こんど』の後やねん!」と思ったものである。

 

最近、ホームのアナウンスは少なくなってきたようには思うが「こんど何番線に参ります電車は…」 と、首都圏の電車は、これから到着する目線で語る。関西だと「何番線の電車は次発…」と、 電車は既に到着していて出発順目線なのだ。

 

関西人が「こんどの電車はいつくるの?」と言うと、 順番通りに次に来るというより、一体全体、 次の電車はいつになったら来るんだ?とクレームに近い。

 

方向性と時間感覚という点で言えば「考えておきます」というのもそうかもしれない。

 

何かの提案をされて、東京の人が「考えておきます」という場合「前向きに検討します」という意味合いが強いが、関西人が「考えときます」と言った場合は、その時点でおおよそ「採用候補から外れている」
 
 

「つくね」と「つみれ」の間

私は長い間、

つくね=鶏の肉団子

つみれ=魚の肉団子

だと思っていた。素材の違いだと思っていたのである。


f:id:mucci:20190129171100j:image

だが、落ち着いて考えてみたら、何故にわざわざ「鶏のつくね」 と言うのだろうか?

先の私の定義に従うなら、つくね=鶏 なのだから、わざわざ念を押すように言う話ではないはずだ。

 

いや、鶏以外の素材だと「ミートボール」 と呼称するのだと主張したいわけではない。

「肉まんと豚まん」「揚げ玉と天かす」「おにぎりとおむすび」 のような話をしたいわけでもない。

 

しかし、どうやら、作り方の違いであって、 素材の問題ではないらしい。

 

「つくね」というのは「つくねる」という言葉に由来していて「 手でこ捏ねて丸める」という意味らしい。

それに対して

「つみれ」は「摘み入れる」に由来し、捏ねた生地を、 匙や手で一口大に摘むという作業のことらしい。

 

ということはだ…手で丸めるでなく、一口大にすくうでもなく、 型で丸めたらどうなのか?

魚の肉を型で丸く成型したら魚肉ミートボールなのか?

 

ただ…私にはミートという単語にも信頼が置き切れずにいる。

 

100%ビーフのマックのハンバーガーでも、 てりやきはポークパティだったり、

ニューコンビーフが今では法律上ニューコンミートになって馬肉が 入っていたりすることによるトラウマではないかと私は疑っている 。

 

さらに、最近は、 マグロステーキとかサラダシーチキンとか聞いて、 ますます混乱し目が回っている。


f:id:mucci:20190129171135j:image

実は、焼き鳥のネギマというのは、 昔はネギとマグロだったと聞いたことがある。 ねぎま鍋の方がオリジナルなのだ。


f:id:mucci:20190129171151j:image

 
 

イカに焼くか?


f:id:mucci:20190117125322j:image

上段 左は沖縄発祥 タコライス 右は たこめし

タコはメキシコのタコスなので、その具の乗ったごはん。

サルサスペイン語でソースなので、サルサソースは馬から落馬

 

下段 左は阪神百貨店デパ地下が有名な、大阪のイカ焼き。右は他の地方のイカ焼き。

私は右のは焼きイカと呼称する。


f:id:mucci:20190117125621j:image

たこ焼きと言われたら、ほぼ100%、左を指すと思う。

私はタコパなるものに参加したことがないので、しばらく、コンパかコスパの亜種かと思っていた。

大阪の家庭には必ずたこ焼き器があるというのは都市伝説だと言う人もいるが、少なくとも、私の実家にはあった。

社会の窓

最早、死語になったという噂もあるが、 男性のズボンの前のチャックが閉まっていない状態を「社会の窓が開いてるよ」という言い方があった。

f:id:mucci:20180827122544j:image

何が一体全体「 社会の窓」なのかサッパリ分からないのだけれど、 女性の場合なら、 あのチャックは服を身体のラインにフィットさせるためであろうけれど 、男性の場合、それとは別用途というか、小用の時に、 あのチャックだけを開けておちんちんを出す人がおよそ半数くらいいるのだ。

 

おそらく、件の窓の中におちんちんをしまうことは99%以上忘れる人はいないのだろうが、 それで大事は済ましたつもりになってしまうのか? チャックを閉め忘れる人が後を絶たない。ATMでお金を下した時に、お金は手に取るけれどもカードを取り忘れるようなものだ。実際のATMは、それを防止するために、カードを取ってから紙幣取り出し口が開くようになっている。

 

女性でもたまに、 スカートの裾がパンストの中に収納されてしまっている方がいるが 、それぐらい大事件のはずだが、その辺、男性の場合は、 軽く扱われてしまうケースが多い。

 

また、その際は、件のパーツは必ず「チャック」と言い、「ファスナー」とか「ジッパー」と呼ばれることはほとんどない。

「ホッチキス」と「ステープラー」 くらい同じものの名前なのだが…ま、ほとんどの人は「 ホッチキス」としか呼ばないか。


f:id:mucci:20180827114258j:image

ホッチキスは発明者の名前がホッチキスさんだったとか、 日本で最初に発売された製品がホッチキス社製だったからと諸説あるようである。 英語では誰もホッチキスとは言わない日本でしか通じない呼び名だ 。

 

「おしゃべりを止める」ことや、「秘密にすること」を「お口チャック」と言うことはあるが、「お口ファスナー」とか「お口ジッパー」とは言わない。

f:id:mucci:20180827112050j:image

しかし、あの仕草は海外の映画やドラマを見ていても良く見る。 字幕には「お口チャック」と出ているが、英語のセリフは「チャック」とは言ってない。"Zip the lip"と言ってるようだ。

 

ファスナーという言葉は「締結するもの」というような意味で、 英語だと、ネジなんかもファスナーである、 いわゆるチャックのことはスライドファスナーと呼ぶ。 飛行機に乗ると英語のアナウンスで"Please, fasten your seat belt."「シートベルトをお締めください」と言われる。

 

チャックもホッチキス同様、 実は日本人にしか通じない言葉なのか?

 

ファスナーと言えば世界的に有名なのはYKKである。かの有名な YKKは"Yoshida Kogyo Kabushikigaisha"の略だそうだが、 実は正式名称となったのは平成6年で、 つい最近のことなのだそうだ。

f:id:mucci:20180827112126j:image

ジッパーというのは、あの"Zip"がファスナーを締める時の擬音語でアメリカのファスナーの会社が商品名にしたものらしい。

 

では、チャックはなんなのか?

 

なんと、日本の会社が「巾着」 をモジって付けた商品名らしい…へ?日本語なの?
f:id:mucci:20180827112229j:image

 

なんじゃこりゃぁ

タイトルにしているのは往年の刑事ドラマ『太陽にほえろ』 で松田優作さん演じるGパン刑事が殉職シーンでお腹から血を流し ながら叫んだ台詞です。 これにノータイムで反応できる人は中年認定ですね。 刑事のことをデカと呼ぶことが普及したのは、 この番組の功績と言えるでしょう。 若い人には息子の松田龍平くんや松田翔太くんの方が親しみがあるかと思います。
f:id:mucci:20180822155559j:image

刑事のことをデカと言うようになったのは、その昔、 警官の制服は洋式だったのに対して、 刑事は和装で角袖の外套を着ていて、その刑事のことを指す隠語として、 悪い人たちが、カクソデ→クソデカ→デカになったと、チコちゃん(5歳)が言ってました(NHKチコちゃんに叱られる』)

 

さて、そんな時代に生まれてますから、私が幼い頃から、 両親をはじめ周囲の大人たちは、それを「ジーパン」 と呼んでいて「Gパン」と書いてました。それが、 少し気取った感じで「ジーンズ」になり(確か、 ジーンズ専門店とかが出現したのだと…ユニクロはまだなかった)、今や「デニム」である。 ずっとスパゲッティーと呼んでたのに、 周りの人がパスタと言い出したようなもんです。

 

そんな私も「デニムのパンツ」と言ったりする。そういえば、 以前は「ズボン」と言ってたけど「パンツ」と呼ぶのに抵抗感が、 かなり減ってきたように思う。

 

さて、本題。

 

デニムというのはフランス語で"serge de Nîmes"(セルジュ・ドゥ・ニーム)「(フランスの) ニームの綾織り」といった意味の言葉に由来する。ニームは地名、"de"(ドゥ)はフランス語で「 ~の」を表す前置詞。つまり「デニム」というのは「ニーム産」 なのだ。

そのニーム産の品物はイタリアのジェノバから輸出されていて、 昔のフランス語で「ジェノバ」のことは「ジェーヌ」 と言ったそうで、それが英語に入って「ジーン」、 英語だとズボンの類いは複数形になるので「ジーンズ」 となったそうだ。

 

ジーンズなら"jeans"だからJパンじゃないのか? と思うが、ジェノバに由来するなら"Genova"だからGパンが正しいのか…あれ、50年くらい昔の言葉だけどジーンズパンツ を略してGパンなのか。

 

ん?じゃぁズボンって何?

フランス語でスカートの内側に履くペチコート"jupon"( ジュポン)に由来するという説や

江戸時代の役人が「ずぼんと足に入る」 と言ったことからとする説…え?擬態語?擬音語?オノマトペ

まぁ、スリッパやスリッポンも"slip"に由来するらしいしなぁ。女性のランジェリーのスリップもそうですね。今ならロング・キャミソールか。

 

一時期、フジテレビが新人アナウンサーに「○○パン」 という愛称をつけるのが流行ってたな。

千野アナはチノパン履いてたのだろうか? 生野アナはショートパンツだったのだろうか? 山﨑アナなんて最早食べるパンじゃないか… あとの人は全く意味不明である。

 

ジーンズの基本色は青というか藍色、インディゴである。 旧くは近藤真彦さん、最近は(元気なのか?)スギちゃんで分かるように、青が基本だ。
f:id:mucci:20180822155913j:image
これは、 アメリカでジーンズが広まった時に虫除け蛇除けにインディゴが使 われたとか、坑夫の人が汚れが目立たないようにとか… その流れなのか、未だに、 ジーンズは作業用だから事務所ではいいけど、 お客さんや工場訪問の時は出来ればスーツ着用、 せめてチノパンにしろと言われる。 チノパンの方がジーパンより正装なのか?

 

なお、 冒頭で紹介したジーパン刑事の殉職の時には白い服だったように思う。青く染めてない白ジーンズだったのかは知らない( たぶん違う)。 出血の赤を目立たせるための演出だったのではないか? と想像している。 ブルーのジーンズに出血しても黒くなるだけだしね。


f:id:mucci:20180822155941j:image

というわけで

デニムは生地のことで、ジーンズは製品のこと。
 
 

それは、ざるそばではない

夏場はよく、 昼ごはんを社員食堂のもりそばばかり食べている時がある。 他のメニューの窓口が大して御馳走でもないのに行列になるのが許し難いのである。そばコーナーは、元々並ぶ人が少ない上、 給仕する側も回転が良いので、 並ばなくて済むからである。
f:id:mucci:20180822111558j:image

もりそばは、盛り蕎麦であろうから、盛ってるのである。 盛り蕎麦の大盛りと言われると盛り盛り感が増し増しである。

 

どうみても、「もりそば」にしか見えないのに、「ざるそば」 という商品名で売っている店舗もある。どう見ても、その器は、 断じて笊(ざる)ではない。せいろみたいであるが、 下から蒸気が抜ける構造ではないし、蒸して作るのでなくて、 茹でた蕎麦を乗せているに過ぎない。お約束が過ぎて、 今ではあの手の器は「そばせいろ」として売られていたりする。

 

ちょっと高級な振りをして、鴨肉なんかが使われていたら「 鴨せいろ」として売られている場合もあるが、おそらく、 その多くはフェイクセイロにのっている茹で蕎麦である。

 

なにやら蕎麦業界の人らしい方のサイトの記事によると、その昔、 二八蕎麦が普及するまでは、蕎麦といえば十割蕎麦で、 十割蕎麦は茹でるとボソボソ小間切れになってしまうので、 せいろで蒸して提供されていたらしい。その名残りで、今でも、 茹でてるのに、 せいろのようなものに乗せて提供する店舗が多いということだ。

 

せいろに乗ってるのは簀(す)とか簾(すだれ)と呼ばれるもので、 決して笊ではない。笊は竹(金属・プラスチック) を交差するように編んで作った器である。
f:id:mucci:20180822111649j:image

だがしかし、周りの人に聞いてみたら

・ざるそばの方が、そばが高級

・ざるそばの方が、そばつゆが高級

・ざるそばは、刻み海苔が乗っている

という意見ばかりで、誰も器の話をしない。何故だ? ザルの問題がザルのようにスルー…

 

そばつゆにワサビを溶くのか?溶かないのか? という議論以前の問題である。

 

だがだがしかし、 いわゆる街中や駅中のそばチェーン店のメニューを見ると、 どうみても器はフェイクセイロで、刻み海苔が乗っているだけで「 ざるそば」を名乗っているものが少なからずある。 あろうことか海苔がないだけで「もりそば」 が併記されてる店もある。

 

そういったチェーン店のうちの一つ「ゆで太郎」 さんに問い合わせたところ、以下の回答であった。

 

お問い合わせの「もり」と「ざる」の違いですが、

「ざるそば」はもりそばの上に刻みのりをのせたものです。

ご存知でしたら申し訳ありませんが、ゆで太郎

① 信越食品 http://www.yudetarou.com/

② 株式会社ゆで太郎システム http://yudetaro.jp/

の2社にて展開させていただいております。

「ざるそば」は信越食品店舗で販売しております。

今後共、ゆで太郎 ご愛顧の程宜しくお願いいたします。

私が器が笊じゃないじゃないかと主張しても世間の風向きは変えようがないようである。
f:id:mucci:20180822111839j:image

開催中 焼肉カーニバル

 職場の近くの焼肉屋さんに下のような能天気な空気ではためくノボリが揚がっていた。
f:id:mucci:20180821161001j:image

焼肉→韓国 カーニバル→ブラジル?

なんか空気が妙だ。
f:id:mucci:20180821161018j:image
f:id:mucci:20180821161031j:image

もしも、これが「焼肉カニバル」だったとすると、 そこで供されているのは人肉である。

紛らわしい(←ふつう間違えない)

カーニバルは、イタリア語"carnavale"、ラテン語の" carnelevare"。"carn-"が「肉」、" levare"が「取り去る」の意で、 キリスト教などの文化圏で、四旬節の断食の前に「 肉に別れを告げる宴」の意だそうだ。

日本語だと「謝肉祭」 と記されることはあるが、どうも感謝の謝だと思って、 肉に感謝しながら食べる日と思っている方が少なからずいる… なんだか、この焼肉屋さんも、その筋の方のような気が… どちらかいうと面会謝絶の謝に近い。"No thank you."である。

一方…

カニバルは、「蟹を頬張る」の略であるはずもなく。スペイン語の "Canibal"に由来する。"Canib-"はカリブ族を意 味していて、 昔のスペイン人はカリブ族は人肉を食べると信じていたらしい。 そんな妄想をするスペイン人の方が野蛮じゃないのか?差し詰め、 現代日本だと「カニバる?」と書くところか。
f:id:mucci:20180821161624j:image

『君の膵臓をたべたい』は切ない青春ラブストーリーであって、 カニバリズムの物語ではない。

ふつうの?恋人同士なら「君とホルモンをたべたい」 となるのではないか。

肝臓ならレバーだが、膵臓はなんというのだ? 生憎と私は焼肉の部位については疎い。

Google先生に頼ると、「シビレ」というらしい「 君のシビレを食べたい」 何か毒物か刺激物が入っていてピリピリするヤバい奴かと思いきや 、英語の"sweetbread"の訛りだという。甘いパン? 甘食
f:id:mucci:20180821161141j:image

Wikiによると

"sweet"は「快い風味」を意味する古英語の"swete" や"sweete"に由来し、"bread"は「肉」 を意味する古英語の"brad"に由来する。

山崎製パンの製品に"Sweet Bread"があるが、それは、 バター風味を利かせた食パンである。膵臓は練り込まれていない。
f:id:mucci:20180821161214j:image

ホルモン焼きは関西弁の「放るもん(捨てる物)」 に由来すると言われているが、 身体の分泌物のホルモンから来たという説もある。目には目を、 歯には歯を、みたく、「肝臓悪いからレバー食べるわ」 という人を何人も知っている。もしも効くとしても、 肝心の肝臓が既に悪いなら消化吸収できないので効果は出ないだろう。肝臓病予防なら効果あるのか?

たぶん、件の店は、ご家庭の「焼肉パーティー」 的な雰囲気を業務用でやりたくて「焼肉カーニバル」 と表現したのではないか?と仮説を職場の同僚に話していると、「 カーニバルとフェスティバルは何が違うのか?」 という話題になった。

カーニバルは先に述べた通り、宗教行事に由来している。 断食前の宴なのだ。明日から肉を断つから、今夜は肉を食べよう! というならカーニバルという表記は妥当である。

フェスティバルは、やや宗教色が少なく、 祝祭とか休日の祭りといった趣きのようだ。 週末とか夏休みのイベント的なものか?祝祭だから、 何かしら祝う対象が焼肉とは別にあるはずだ。雑に訳すと、 焼肉祭りである。いやいや、 焼肉屋は通常営業で既に焼肉祭りだろ。

また、カーニバルは参加するお祭り、 フェスティバルは観覧するお祭りという意味合いもあるらしい。 焼肉フェスティバルだと、 なんか料理番組の観覧席の客になってしまって、 肉にありつけそうにない。

似たような言葉にフェアとかフェスタといのがある。 フェスタはおおよそフェスティバルと同意のようだが、 フェアというのは見本市とか展示会という意味だ。 これでは焼肉テイクアウトではないか。 牛肉フェアなら焼肉用の生肉の取引をしそうだ。

ドイツの真似をしたオクトーバーフェストが10月でなくても開かれる日本だからなぁ。

「肉」「宴」と聞けば「酒池肉林」という四字熟語を想起する人も多いだろう。昔の中国の偉い人が贅を尽くして、大量の酒を池のようにして、肉を林のように並べて宴会をしたというホントかどうか分からんが故事成語らしい。

肉欲?的なエロい連想をする人もいるが、食べる肉らしい。但し、原典にも、その酒池肉林の間を裸の男女を走らせて遊んだ的なことが書かれてるらしく、淫らなこともあったやもしれぬ。

世間で言う肉食男子・女子ってのも、そういういかがわしい連想によるのだろう。真に野生なら焼き肉でなく生肉を食うはずだからだ。
 ロールキャベツ男子とかアスパラベーコン男子とか、もう完全に食べられる方ではないか。